トップページ大会要項試合会場出場校紹介組み合わせ試合結果ダウンロード
 トップ  大会要項  大会特別規定

  大会特別規定  特別規定PDFはこちら

 【競技を行うにあたって】
1 1チーム9名からの参加を認める。
2 得点差によるコールドゲームは適用しない。また、試合時間の制限は行わない。
3 7回を完了して同点の場合は、次の方法により勝敗を決定する。
 (1)延長戦の回数は、最長9回までとする。
 (2)(1)を終了して同点のときは、タイブレーク方式とする。(勝敗が決するま
   で継続する)
4 天候等による大会実施の可否、試合の中断及び日程の変更は、大会本部で決定し連
  絡する。降雨等による順延などの場合、会場を変更したり、ナイターで試合を行っ
  たりする場合もある。
5 試合会場の施設状況により、会場特別ルールを設定することもある。
6 用具装具については、試合前に審判員または大会役員の確認に応じなければならな
  い。
7 試合を行っているチームの行為が原因で、試合続行が不可能となるようなトラブル
  が発生した場合、起こしたチームが責任を負うべきであるから、そのチームを敗者
  とする。
8 選手はサングラスを使用しない。ただし、選手の健康上の理由及び球場の条件に
  よって大会本部で協議し認める場合もある。
 【試合開始前】
  9 監督に引率されたチームは、試合開始予定時刻1時間前までに会場に到着し、その
  旨を大会本部に申し出る。試合開始予定時刻になっても到着せず、何ら連絡がない
  場合は棄権とみなす。交通事情による到着遅延の場合は、大会本部で協議し決定す
  る。
10 打順表の提出は、その日の第1試合は試合開始予定時刻の40分前まで、第2試合以
  降は前の試合の4回終了までとする。ただし、第1試合の前に開会式がある場合
  や、勝ち上がりのチームが続けて試合をする場合は、その都度本部で決定し連絡す
  る。監督と主将は打順表を持参し、登録原簿と照合ののち、前の試合の4回終了時
  に球審立ち合いのもと攻守を決定する。
11 シートノックについては以下の通りとする。
 (1)試合当日の最初の試合のみとするが、球場が変わった場合はこの限りでない。
 (2)時間は7分以内とする。状況によっては短縮または省略することもある。
 (3)監督・コーチ・登録選手の他に、3名の補助員(当該校生徒)をつけて行うこ
   とができる。
 (4)相手チームがシートノックをしている時はベンチから出ない。ただし、先発投
   手の投球練習場での投球練習は認める。
 (5)マウンドは使用しない。
12 ベンチ入れ替わり時、シートノックの準備が出来るまでの時間に、ベンチ前で
  キャッチボールや素振り、準備運動をすることは認める。
 【試合中】
  13 選手交代の申し出は、監督が行う。
14 ベンチ内でのメガホン使用は、監督に限る。
15 選手以外は、コーチスボックスに入ることはできない。
16 投手(救援投手を含む)の準備投球数は初回に限り、7球以内(1分を限度)が許
  される。次回からは3球以内とする。またキャッチャーの装具準備時において2球
  を過ぎる場合、予備捕手は立って捕球する。
17 4回終了時に給水タイムとグラウンド整備(3分程度)を行う。
18 次の試合のバッテリーの投球練習については、先発バッテリーに限り、打順表の
  提出・攻守決定終了後、試合に差し支えないようにプルペンでの投球練習を許可す
  る。
19 監督が投手のところに行く回数の制限について「投手のところに行く」とは、監
  督がタイムをとってグランドに出て、投手または投手を含む野手が集まっている所
  で指示を与える状態を指す。伝令を使うか、捕手または他の野手に指示を与えて直
  接投手のところに行かせた場合、投手の方からファールラインを超えて監督の指示
  を受けた場合も同じとする。
20 ボールデッドで改めてタイムをとる必要がない状態の時も、「19」と同じ行為で
  あれば回数に数える。
21 投手の投球イニング制限
  投手は、1日9イニングまでを限度とする。(ただし、タイブレーク方式は除
  く。)投球イニングに端数が生じたときの取り扱いについては、アウト3つで1イ
  ニングとする。
 【その他】
 
22 テーピングをする場合、露出する部分については肌の色に近いものを用いる。
  投手は、投球時にボールに触れる部分と露出する部分については禁止する。

  競技上の注意事項

  1 選手の頭髪・身なりなどは中学生らしく、試合中はもちろんのことスポーツマンら
  しい態度で大会に参加すること。
2 応援団については、監督が責任を持つ。
3 応援団は次の事を守って応援すること。
 ① 応援はあくまで自チームの応援であって、野次など相手チームや選手が不快な思
   いをいだくような言動は禁止する。
 ② 太鼓等の鳴り物やブラスバンドの応援を認めるが、自チームが攻撃している場面
   での応援とする。自チームが守備側の時は、座っていることが望ましい。
 ③ 紙吹雪・紙テープ・個人名を書いたのぼりを使うことは禁止する。
 ④ 応援席を散らかさず、ゴミは持ち帰り、美化に心がける。
 ⑤ 試合を妨害するような応援はしない。
 ⑥ メガホンを使用してもよい。
 ⑦ 笛(ホイッスル)は使用してもよいが、投手が投球動作に入ったら慎む。また、
   四死球やワイルドピッチ・パスボールなどの時に、笛で盛り上げることのないよ
   うにする。
 ⑧ 拡声器や音響機器の使用は禁止する。
 ⑨ スタンドや客席(芝生席)にテントを張ることは禁止する。
4 監督等の服装については。次の通りとする。
 ① 監督・コーチは選手と同じユニフォームを着用し、監督は30番の背番号をつけ
   る。コーチは背番号をつけない。選手と同じ色のスパイク(アップシューズも
   可)を履くこと。
 ② 監督・コーチではない教員がベンチに入る場合は、平服(ワイシャツ・ネクタイ
   または白いポロシャツ)に選手と同一の帽子とする。ただし、女性の場合は考慮
   する。
 ③ サングラスは使用しない。
5 背番号は、一桁までは原則としてポジションを示す数字であり、全員が続き番号で
  あること。
6 医療を目的としたサポーター等の使用は認めるが、強化目的の使用は認めない。
7 試合開始・終了時の礼は両チームが同時に行う。また、相手チームと別に審判員に
  礼をすることはしない。
8 試合進行や大会運営の円滑化のため、次のことに留意する。
 ① 無用なタイムをとることを慎む。
 ② 先頭打者とベースコーチ、攻撃前のミーティングには参加せず、駆け足で位置に
   つく。
 ③ 出塁した際、バッティング手袋をベースコーチに渡さず、自分のユニフォームの
   ポケットの中に入れておく。走塁用手袋に変えるためにタイムをかけたり、試合
   の進行を遅らせてはならない。
9 各チームの監督は、試合終了後に大会本部に連絡し、次の試合日程や連絡事項の確
  認を行うこと。
10 試合終了の挨拶をもってすべてを終了とし、速やかにベンチを空ける。ただし、
  応援席へのあいさつは認める。
   大会要項に戻る
▲このページのトップへ