キャンギャル、オークション、キャバクラでなんとか金を作った話

私は当時19歳で専門学校に通っていました。
大学に編入するため勉強を主にした生活を送っていました。アルバイトは当時しておらず日雇い派遣の仕事をたまにしていました。

携帯電話の販売店でマイクを使い店頭でキャンペーンの案内をしたり、ひたすらティッシュ配りをしたりする仕事で1日9000円稼いでいました。

ただその仕事自体も毎週あるわけではなく月に4回ほどで私は常にお金がない状態でした。その仕事は1日立ちっぱなしで毎回決まった現場ではなかったので正直疲れるものでした。

1回だけ初めて入った現場の休憩室に仮眠室のようなものがあり誰もつかっていなそうだったので勝手にかりて寝たこともありました。

それ以外に携帯のオークションサイトで不要になった服やバッグを売ったりと必死でした。あるときはキャッチをしてきたキャバクラのスカウトを一度はあしらいましたがあまりのお金のなさに、戻ってやっぱりお金がないから今日やりたいといって即日体験入店したお店がたまたまコスプレデーだったこともありました。

まとめ

結論を書くと女なら高時給のアルバイトはは色々あるので、女を売ればなんとかなる…
のですが、好き嫌いがあるので個人的にはおすすめしません。

うまく計画的にお金を使って、アルバイトをしてうまくお金を回していきましょう。

コメント